信濃屋(shinanoya)ではウイスキーやスピリッツ、リキュールなどお酒を多数ご用意しております.
    
『台風による配送・業務の停止・遅延につきまして』
台風のため一部サービスの停止、配送遅延が予測されております。
何卒ご理解、ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。
※集配状況の詳細につきましてはヤマト運輸HP・フリーダイヤルにてご確認下さい。
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_191008.html
フリーダイヤル 0120-01-9625

Dear our customers in foreign countries,We can ship to your country via DHL.. Click here to our English guide.
カレンダー
2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
SHINANOYA SAKEDORI SHOPブログ
SHINANOYA SAKEDORI SHOPブログ
商品情報等更新中につき
是非お立ち寄り下さい!!

 


【埠】シグナトリー ニューカスク リンクウッド [1997] 20年 ホグスヘッド#7540

商品コード : 5021944097012
価格 : 13,800 円(税込 15,180 円)
ポイント : 151
数量
 
かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
SIGNATORY NEW CASK
LINKWOOD
[1997] 20yo
HOGSHEAD#7540

半年に一度の入荷!
2018 WINTER
最新ヴィンテージ&再入荷!!



ピトロッホリーにあるエドラダワー蒸留所内。
同敷地内では、エドラダワーと全く同じ形・容量の設備を擁する
第二蒸留所もすでに建設が終わり、稼働したばかり。
隣接する熟成庫では、膨大なストックを誇る
シグナトリー社の原酒たちがゆっくりと眠っています。
四大ボトラーの内の一つであるシグナトリー社。
良心的な価格でのリリースが多く、他のボトラーと比較しても
とりわけ、コストパフォーマンスに優れることで知られています。
また膨大な樽のストックを所有しており、
バラエティ豊かなリリースが支持されています。

そんなシグナトリー社の製品で、
一切の加水もなく、樽からそのままの状態で瓶詰される
シングルカスク(時に二樽)・カスクストレングスでリリースされるのが、
シグナトリー・ニューカスク」シリーズ。

樽番違いによる多くのシスターカスクも存在し、
飲み比べることで、一つ一つの樽毎による個性の違いを楽しめる
シングルカスクの醍醐味を理解するのに分かり易いブランドです。

LINKWOOD
20yo #7540
【1997.06.30 - 2018.03.08】

ファンの多い蒸留所の一つである、リンクウッド蒸留所から
1990代後半の原酒が、シグナトリーニューカスクよりシングルカスクでのリリースです。
一部のモルト愛好家・バーテンダーの間で人気を博し、
ドリンカーに指示されているリンクウッドより近似スペックの1997VT。
華やかなフルーティーさをたたえながら、
絶妙なバランスを感じさせる秀作です 。
 
Region(地域) Speyside
Cask Type(樽タイプ) Hogshead
Cask Number(樽番) #7540
Quantity(販売本数) 226btls
Strength(度数) 54.1% vol.
Volume(容量) 700ml

トップ > ウイスキー > 【埠】シグナトリー ニューカスク リンクウッド [1997] 20年 ホグスヘッド#7540
ウイスキー > 一般商品 > ボトラーズ > ボトラーズ(さ行) > シグナトリー > 【埠】シグナトリー ニューカスク リンクウッド [1997] 20年 ホグスヘッド#7540
移行調整用 > 【埠】シグナトリー ニューカスク リンクウッド [1997] 20年 ホグスヘッド#7540

  • 膨大なストックを所有するシグナトリー熟成庫内。こちらのダンネージ式のと、新たに建設されたラック式の熟成庫の二種類があります。樽の間から樽を垣間見てみると、あんなものや...こんなものが...眠っているかもしれません。

  • 熟成庫内でのカスクサンプリングの様子。

  • 樽からグラスへそのままの状態。同じ原酒であっても、隣り合わせの樽同士で大きく個性や仕上がりが異なることがウイスキーではよくあり、正に一期一会。「個性を楽しむ」という、シングルカスクの大きな魅力の一つになっています。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません